アミノグオニジン(Aminoguanidine)

|

老化現象に屈しない

神経や管を含め、加齢が原因とされる数々の退行性の疾患は、グリケーション(グリコシル化)の結果として引き起こされるものです。つまり、強力な反グリケーション薬であるアミノグアニジンを服用することで、これらの老化現象が防げるのです。

年齢を重ねると、心臓拡大や動脈硬化といった疾患を患う可能性が高くなりますが、これは、AGE(糖化終末産物)の蓄積が原因だと考えられています。調査では、AGEを抑制することが、動脈硬化、白内障、糖尿病、(特に心臓における)炎症、腎臓障害といった、タンパク質のクロス・リンキングに関係する疾患の解決につながることが示されています。

イタリアで行われた臨床研究では、「悪玉」コレステロール(LDL)の血小板への結合を防ぐ能力が証明されましたが、これは、動脈硬化で苦しんでいる患者に大きな利益をもたらすことでしょう。

クロス・リンキングとは?
簡単に説明すると、例えば、切ったりんごを放置しておくと、その切り口が硬く茶色になることはご存知でしょうが、これがクロス・リンキングというものです。同じことが、私たちの身体の中でも起こりますが、これは、退行性の疾患、癌、免疫性機能不全、動脈硬化などの原因になると考えられています。感染病やある種の癌を防ぐためには、免疫系を強く健康に保つことが大変重要なことだと言えるでしょう。

ある動物実験では、心臓の表面にある膜が30%減少し、動脈壁のコラーゲン含有量が24~30%増加していますが、このことからも、アミノグアニジンは、加齢が原因の心臓病の防止に有効であると考えられます。研究の結果として、クロス・リンキングの予防と、その速度の減退という、2つの改善点が示唆されています。

25年にわたってミラノ大学で行われた研究では、血管壁と結合することで超低密度リポタンパク質(悪玉LDLコレステロール)を減らすことが証明されていますが、これにより、血小板の凝固が防げることになります。

アミノグアニジンは血管収縮の治療にも効果的です。1992年に11人の末梢血管疾患患者に施された治療では、動脈の詰まりがひどく、500ヤード以上歩くことができなかった患者の血流に、平均して30%の改善が見られ、その運動能力は50~105%上がりました。

アミノグアニジンと糖尿病
長年にわたる糖尿病の研究によって、糖尿病患者のクロス・リンキングのレベルが、そうでない人に比べて2~3倍も高いことが分かりましたが、これによって、クロス・リンキングと老化の関連性が立証されました。

AGE製品の増加が糖尿病性合併症の原因ではないかと言われていますが、アミノグアニジンを服用することで、糖分とタンパク質のリジングループとの結合を防ぎ、これらの症状が予防もしくは軽減されるのではないかと考えられています。

糖尿病のネズミに関する複数の研究では、アミノグアニジンによる治療を受けた場合、生存率がかなり高まることが示されています。

臨床研究では、LDLの酸化を予防し、アテローム性動脈硬化症を防ぐといった能力も明らかにされています。

あらゆる細胞に存在するグルコースは、比較的安定しているものの、タンパク質によるクロス・リンキングを回避することは不可能であると考えられています。しかしながら、そのプロセスは、グリケーション抑制剤を使用することで回避かつ予防できるとされています。

老化の兆候を阻止
アミノグアニジンは、老化現象の原因と考えられている、人体を形成するタンパク質のクロスリンキングを抑制します。

クロスリンキングが原因と考えられる疾患には、ある種の癌、免疫系の損傷、老人性白内障、動脈硬化などがあげられます。

免疫系が弱まると感染症にかかる可能性が高くなり、ある種の癌が増えると、細胞形成に必要な全ての情報を含むDNAのブドウ糖に被害が及び、ダメージを受けた異常な細胞が生産される原因となります。

動物を対象に行われたある調査では、加齢が原因の心臓拡張を防止することが示されています。さらに、その膜表面積は30%減少し、動脈壁のコラーゲン含有量は24~30%増加しました。

また、25年間にわたるミラノ大学での研究では、リポタンパク質(悪玉コレステロール)の血管壁への付着を減らして血小板の凝固を防ぐことや、動脈硬化によって収縮した血管の治療に役立つことなどが示されています。

1992年、11人の末梢血管疾患患者の治療にアミノグアニジンが用いられました。血管が詰まっているせいで、初めのうち彼らは500ヤード以上歩くことができませんでしたが、治療後、平均30%の血流が改善され、患者の運動能力は50~105%向上しました。

アミノグアニジンの持つ最も興味深い可能性として、皮膚タンパク質(コラーゲンとエラスチン)、接眼レンズタンパク質、神経タンパク質、腎臓タンパク質などを含む、人体を形成するタンパク質を保護することで、老化現象を遅らせるということがあります。これらのタンパク質はすべて、年齢にとともに劣化します。また、糖尿病患者は、健康な人に比べて2~3倍ものタンパク質のクロスリンキングが見られます。アミノグアニジンを服用することで、白内障、皮膚の黄ばみや硬化といった、加齢に関連する疾患の予防あるいは進行の遅れが期待されると考えられています。 糖尿病は老化が加速されたものだと考えられています。つまり、クロスリンキングが老化の原因となるという考えは、糖尿病の研究の結果、導き出されたものなのです。糖尿病のネズミに関する複数の研究では、アミノグアニジンを投与されたネズミの方に、かなり優勢な生存率が示されました。人間を対象とした臨床試験では、低密度リポタンパク質(LDL)の酸化性修正を妨げてアテローム性動脈硬化症を予防する能力も強調されています。

※製品に含まれる成分、服用方法、服用量、副作用、禁忌などについてはこちらをご参照ください。

カテゴリ

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30